春日部市の指定文化財

花蔵院の四脚門

県指定有形文化財(建造物)

花蔵院の四脚門
(けぞういんのしきゃくもん)
指定日:昭和30年11月1日
所在地:西金野井339-5

指定概要

  花蔵院(けぞういん)は江戸時代までは西金野井(にしかなのい)の香取神社(かとりじんじゃ)の別当として祭祀を執り行っていた寺院です。

  四脚門(しきゃくもん)は、屋根を支える2本の本柱(ほんばしら)の前後に4本の袖柱(そでばしら)があることから、その名前が付けられました。

  江戸時代中期に建立され、当初は茅葺(かやぶき)屋根であったと推定されています。江戸川の改修による2回の移転を経て、現在に至っています。

※見学の際には、所有者、管理者の許可を受けて下さい。
※所有者・管理者、他の通行者などの迷惑とならないようにお願いします。

   MAP

指定文化財の一覧へもどる

このページに関するお問合せは文化財保護課
電話:048-763-2449
FAX:048-763-2218
メールアドレス:bunkazai@city.kasukabe.lg.jp