春日部市の指定文化財

圓福寺の厨子入木彫当麻曼陀羅図
厨子入木彫釈迦涅槃図
木彫閻魔王宮並びに八大地獄図
版木

市指定有形文化財(彫刻)

圓福寺の厨子入木彫当麻曼陀羅図
(えんぷくじのずしいりもくちょうたいままんだらず)
厨子入木彫釈迦涅槃図
(ずしいりもくちょうしゃかねはんず)
木彫閻魔王宮並びに八大地獄図
(もくちょうえんまおうきゅうならびにはちだいじごくず)
版木
(はんぎ)

指定日:昭和50年11月17日
所在地:一ノ割1丁目17

指定概要

 子育てで名高い呑龍上人(どんりゅうしょうにん)ゆかりの圓福寺では、九世住職の光世上人(こうせいしょうにん)により、元禄11年(1698)に木彫当麻曼陀羅図(もくちょうたいままんだらず)、元禄15年(1702)に木彫閻魔王宮(もくちょうえんまおうきゅう)並びに八大地獄図(はちだいじごくず)などが作られました。これらの寺宝を作成した経緯について、12枚の版木(はんぎ)に残されています。
 毎年4月の第1日曜日にご開帳されています。

※見学の際には、所有者、管理者の許可を受けて下さい。
※所有者・管理者、他の参拝者などの迷惑とならないようにお願いします。

   MAP

指定文化財の一覧へもどる

このページに関するお問合せは文化財保護課
電話:048-763-2449
FAX:048-763-2218
メールアドレス:bunkazai@city.kasukabe.lg.jp