春日部市の指定文化財

見川喜蔵墓及び見川家五輪塔

市指定有形文化財(歴史資料)

見川喜蔵墓及び見川家五輪塔
(みかわきぞうはかおよびみかわけごりんとう)

指定日:平成26年3月25日

指定概要

「見川喜蔵墓」は、成就院(粕壁)内に所在します。文化6年(1809年)3月、嫡子の見川安左衛門により造立された墓で、見川喜蔵の事績をたたえた碑文が刻まれています。市域および県東部地域の歴史のみならず、当該期の幕政史を理解する上で重要な歴史資料です。
「見川家五輪塔」は、正徳3年(1713年)12月、見川家初代、2代、6代当主を供養するため造立された墓です。見川喜蔵の墓に隣接し、近世後期の見川家が家名を継承し、その由緒を背景に活動した歴史を理解する上で重要な資料です。

※所有者・管理者、他の参拝者などの迷惑とならないようにお願いします。

指定文化財の一覧へもどる

このページに関するお問合せは文化財保護課
電話:048-763-2449
FAX:048-763-2218
メールアドレス:bunkazai@city.kasukabe.lg.jp