春日部市の指定文化財

風早遺跡出土
旧石器時代局部磨製石斧

市指定有形文化財(考古)

風早遺跡出土旧石器時代局部磨製石斧
(かざはやいせきしゅつど きゅうせっきじだい きょくぶませいせきふ)

指定日:平成16年2月20日

指定概要

 西金野井(にしかなのい)地内に所在する風早遺跡(かざはやいせき)では、昭和50年に宅地造成に先立ち発掘調査が行われました。局部磨製石斧(きょくぶませいせきふ)とは刃部(じんぶ)を磨いた石斧(せきふ)で、後期旧石器時代の初め(約3万年前)の地層である、関東ローム層の黒色帯下位から出土しました。県内でも最古級の貴重な資料です。

★春日部市郷土資料館で展示しています。

指定文化財の一覧へもどる

このページに関するお問合せは文化財保護課
電話:048-763-2449
FAX:048-763-2218
メールアドレス:bunkazai@city.kasukabe.lg.jp