本文へスキップ

春日部市郷土資料館は平成2年7月に開館した郷土春日部の歴史と文化を紹介する施設です。

TEL. 048-763-2455

〒344-0062 埼玉県春日部市粕壁東3-2-15

クリックすると大きい画像でみられます。

資料情報

  • 資料名:埼玉県下江戸川筋御猟場絵図 (さいたまけんかえどがわすじごりょうばえず)
  • 年代:明治39年(1906)3月以降
  • 法量:33.2×84.4cm
  • 種別:歴史資料(絵図)
  • 収蔵番号等:水角関口家文書№131

解説

 埼玉県下に広がる江戸川筋御猟場は、宮内省御猟場のひとつで、明治16年(1883)に陸羽街道(日光街道)を境界に東に広がる区域でした【図1】。明治17年(1884)6月、県界の江戸川を東端とし、西は岩槻街道、北は権現堂(幸手市)、南は八潮(八潮市)という広い区域に設定されました【図2】。明治39年(1906)3月には粕壁町(春日部市)・南桜井村(春日部市)を北端とした区域に縮小されました【図3】。
 この絵図は、江戸川筋御猟場の猟場監守を勤めた家に伝えられたもので、その職務に関わって作図されたものと考えられます。本図は、明治39年3月以降の江戸川筋御猟場を示し、県下の御猟場は6つに区分され、それぞれに見廻りの監守が置かれ、これを束ねる監守長や、監守の職務を補佐する見回(みまわり)や餌差(えさし)が配置されたことがわかります。また、町村毎に獲物となる鳥の名が記載されており、市域では鷭(ばん)・雁(かり)・雉子(きじ)などを捕獲できました。
 実際に、明治33年(1900)6月には、徳川慶喜が鷭猟(ばんりょう、鷹狩をして鷭を獲る猟)をおこない、粕壁町に宿泊しています。また、昭和戦前には、南桜井村西金野井に皇族伏見宮が遊猟に訪れ、住民が遊猟の案内をしたという伝承もあります。
 江戸川筋御猟場は、拡張・縮小を繰り返し、昭和26年(1951)に廃止されました。
【図1】明治16年頃

【図2】明治17年6月~

【図3】明治39年3月~

語注

  • 江戸川筋御猟場(えどがわすじごりょうば) :明治16年(1883)、埼玉県・千葉県の江戸川沿岸に設置された御猟場。
  • 御猟場(ごようりょうば): 明治時代に全国各地に設置された皇室専用の遊猟場。皇族のほか、政治家や官僚なども使用し、伝統的な狩猟が行われた。
  • 猟場監守(りょうばかんしゅ): 御猟場内を巡視し、密猟者の取り締まり、有害動物の捕獲駆除などを行った。地域の有力者が採用された。
  • 監守長(かんしゅちょう) :猟場監守を統括する者。
  • 見回(みまわり): 監守の職務を補佐し、猟場内を巡回する者。
  • 餌差(えさし) :鷹狩につかう鷹の餌の調達などをする者。
  • 徳川慶喜(とくがわよしのぶ) :天保8年(1837)生-大正2年(1913)没。江戸幕府15代将軍。静岡に謹慎・退隠したのち、明治30年(1897)に東京巣鴨に邸宅を構える。晩年は鷹狩・銃猟などをはじめ様々な趣意を興じた。

参考資料

  • 『最後の将軍がみた春日部―野鳥と御鷹場・御猟場―』(春日部市郷土資料館、2013年)
収蔵庫・展示室からへ戻る

バナースペース

春日部市郷土資料館

〒344-0062
埼玉県春日部市粕壁東3-2-15

TEL 048-763-2455
FAX 048-763-2218