本文へスキップ

春日部市郷土資料館は平成2年7月に開館した郷土春日部の歴史と文化を紹介する施設です。

TEL. 048-763-2455

〒344-0062 埼玉県春日部市粕壁東3-2-15


資料情報

  • 資料名:加藤楸邨色紙(かとうしゅうそんしきし)
  • 年代:平成3年
  • 法量:24.1×27.1cm
  • 種別:文学資料
  • 収蔵番号等:常設展示

解説

 この色紙は、加藤楸邨(かとうしゅうそん)が当館の第2回特別展「砂丘」に訪れたのち、記念として当館に寄贈されたものです。昭和6年(1931)、楸邨26歳の時の句である「棉の実を摘みゐてうたふこともなし」を自筆したものです。
 加藤楸邨(1905~1993)は昭和に活躍した俳人です。東京生まれで、本名は加藤健雄。昭和4(1929)年に旧制粕壁中学校(現・春日部高等学校)の教員となり、昭和4~12年(1929~1937)の8年間勤めました。粕壁町(現・春日部市)の粕壁医院(現・安孫子医院)で診療していた水原秋櫻子(みずはらしゅうおうし)と交流を持ち俳句の世界へ入りました。粕壁は、楸邨にとって、私生活においても、俳句においても出発点でもあり、一生涯忘れられぬ地となったそうです。
 この句が詠まれた当時、古利根川と古隅田川が流れる市内に棉畑が広がり、晩秋には棉の実を摘む農婦らの姿が見られました。歌を口ずさむわけでもなく話すでもなく、黙々と働く者の中には楸邨の教え子もいたそうです。牧歌的な明るい風景と厳しい農婦らの労働する姿や、その過酷なる生活ぶりを見て、楸邨は「うたふこともなし」と、歌おうにも歌うことができない境遇、黙々と働く姿を見た感動を表現しています。

語注

  • 水原秋櫻子(みずはらしゅうおうし): 明治25~昭和56年(1892~1981)。俳人であり医師でもあった。「馬酔木(あしび)」を主宰。
  • 古利根川(ふるとねがわ) :葛西用水路を上流とし久喜市の青毛堀川(あおげぼりかわ)の合流点付近から松伏町南端での中川との合流点までのおよそ27キロをいう。
  • 古隅田川(ふるすみだがわ): 古利根川の支流。春日部花積南部と岩槻地区を起点とし、梅田地区で古利根川で合流する。

参考資料

  • 春日部市郷土資料館『俳人 加藤楸邨と粕壁』(2010年)
  • 石寒太『加藤楸邨の一〇〇句を読む』(飯塚書店、2012年)8頁~12頁
  • 矢島渚男『名句鑑賞読本3 楸邨俳句365日』(梅里書房、1992年)187頁
(このページの製作者 平成26年度博物館実習生・大野桃多)
収蔵庫・展示室からへ戻る

バナースペース

春日部市郷土資料館

〒344-0062
埼玉県春日部市粕壁東3-2-15

TEL 048-763-2455
FAX 048-763-2218