本文へスキップ

春日部市郷土資料館は平成2年7月に開館した郷土春日部の歴史と文化を紹介する施設です。

TEL. 048-763-2455

〒344-0062 埼玉県春日部市粕壁東3-2-15


(左:金箱 右:桐箪笥(正面))

資料情報

  • 資料名:三上於菟吉生家の桐箪笥の金箱(みかみおときちせいかのきりたんすのかなばこ)
  • 年代:明治時代
  • 法量:16.6×9.3×8.6cm
  • 種別:歴史資料
  • 収蔵番号等:常設展示(金箱のみ)

解説

 この金箱は、『雪之丞変化(ゆきのじょうへんげ)』などの作品で知られる、春日部市木崎出身の昭和初期のベストセラー作家、三上於菟吉の家で実際に使われていたものです。三上家の箪笥は二つ重ね上開き型で、江戸時代に多く見られる形式の箪笥です。箪笥の上段の鍵付きの小抽斗(こひきだし)の奥には金箱があり、その側面には「三上純太郎長男 三上於菟吉」「明治初年 金箱 五月」と墨の落書きがあります。これは於菟吉本人が書いたものです。

語注

  • 三上於菟吉(みかみおときち) :明治24年(1891)生―昭和19年(1944)没。大正から昭和初期に活躍した小説家。時代物から児童文学、随筆に至るまで、大衆文学として多くの作品を世に送り出した。昭和19年、血栓症により亡くなった。代表作「雪之丞変化」。父の純太郎は医者。三上家は、近郷に名の知れた富裕な医者の家系であった。
  • 金箱(かなばこ) :お金をためる箱、貯金箱。

参考資料

  • 小泉和子『ものと人間の文化史46箪笥』(法政大学出版局、1982年)
  • 庄和高校地歴部『郷土作家 三上於菟吉読本 生涯編』(1990年)
  • 庄和高校地歴部『郷土作家 三上於菟吉読本 作品編』(1990年)
  • 『あれから3年、3.11を前に 大震災記念児童文集』(春日部市立粕壁小学校、2014年)
(このページの製作者 平成26年度博物館実習生・新谷孝貴)
収蔵庫・展示室からへ戻る

バナースペース

春日部市郷土資料館

〒344-0062
埼玉県春日部市粕壁東3-2-15

TEL 048-763-2455
FAX 048-763-2218