本文へスキップ

春日部市郷土資料館は平成2年7月に開館した郷土春日部の歴史と文化を紹介する施設です。

TEL. 048-763-2455

〒344-0062 埼玉県春日部市粕壁東3-2-15


資料情報

  • 資料名:花積貝塚の縄文人複顔模型(はなづみかいづかのじょうもんじんふくがんもけい)
  • 年代:縄文時代中ごろ
  • 法量:45×25cm
  • 種別:模型
  • 収蔵番号等:常設展示

解説

 今から約5000年くらい前に、現在の豊春地区花積付近に住んでいたと思われる、大人の男性の顔を想像したものです。
 この人が暮らしていた時代は、縄文式土器という、縄目の文様を特徴とする土器のうつわなどを使って、生活していた時代でした。そのため、縄文時代と呼ばれています。
 市内の花積や内牧には、縄文時代の人々が暮らしたあとや、さまざまな道具(土器・石器など)、貝塚と呼ばれるゴミ捨て場のあとなどが、土の中から発見されています。写真の男性の顔も、花積貝塚でみつかったお墓の人骨をもとにして、複顔したものです。当時の人の平均寿命は20〜25歳くらい、平均身長は、男性の場合158センチメートルくらい、女性の場合148センチメートルくらいでした。

収蔵庫・展示室からへ戻る

バナースペース

春日部市郷土資料館

〒344-0062
埼玉県春日部市粕壁東3-2-15

TEL 048-763-2455
FAX 048-763-2218